みずもん

多動力を肯定するブログ

プログラミング言語の初心者による簡単学習法 目指せ200時間

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
継続課金型コミュニティ設計・管理

f:id:mizumotohideto:20160224075147j:plain

誰かに聞いた200時間の学習時間コストの投資という話を信じている。

 プログラミング言語の初心者の最初のきっかけとして、私の知る限りは「ドットインストール」と「Progate」の二択だと考えています。ドットインストールは動画による学習なので、時間学習というべきか、時間を使うと決めるだけの受け身のタイプの人に向いています。Progateは実際に考え、キーボードを叩いて実際にコードを書いていく学習なので、自ら進んで行くタイプの人ほど長続きがします。

6ジャンル 11レッスンのすべてをやってみた

今回お話するのはProgateの方です。Progateで学習できるのは以下の通り

HTML / CSS
JavaScript
jQuery
Ruby
Ruby on Rails
PHP

の6ジャンル 11レッスン(Ruby on Rails 初級 / 中級 / 上級 みたいな具合)です。

見ろ、この輝かしい経歴を!(笑

f:id:mizumotohideto:20160224080311p:plain

男子のコレクション心をくすぐる粋な演出。

HTMLしかわからなかった私にとって、これらのレッスンを通して、プログラミングとは「何ができるためのものなのか」がうっすら見えてきた感覚です。

自分が実現したい世界がどの道の先にあるのか知る

何ができるのかが見えてくると、実現したい世界がイメージできるようになってきます。ただただ雲の上の神様みたいな「誰か(someone)」が創造したと思っていた既存の世界の仕組みが見えてくる感覚を得ることができます。

「へ〜、AirbnbはRailsでできてるんだ〜」

みたいなことです。悪い言い方をすれば知ったかぶりですが、一方的に好きになれます。

f:id:mizumotohideto:20160224081534p:plain

与えられた課題に対して、途中でわからなくなって答えを見ちゃうと、得られる経験値が減額されてしまいます。多分、パーフェクトがLv.100だと思います。私はLv.91です。

やり終わると何が起きるか

全メンクリアするまでは、クリアすることが目的になってしまうところですが、当たり前ですが本当の目的はクリアした後にあります。

私の場合は、プログラミングの文字の列に飛び込む嫌悪感がなくなりました。これは英語学習に似ていると感じます。英語の長文は、読めないとかではなくて、気持ち悪くなるのです。そんな感覚です。

私はこの「気持ち悪くならない」ことを武器にRuby on Railsチュートリアルにチャレンジすることができました。

railstutorial.jp

全12章立てのかなりヘビーな学習素材です。だいたい丸々1週間はかかるボリュームです。webサービスの開発から公開までの流れを実例を通して学ぶことができました。

実際に私がリリースしたのが、こちらのwebアプリケーションサンプルです。(ちょっと接続に時間がかかります)

hidden-tundra-83552.herokuapp.com

美味しいものをひたすらシェアする「Yummy!」。Instagramのイメージで、どうせ撮る美味しいものの写真をみんなで図鑑化。ランチのローテーションに一役買えると考えたアプリケーションです。新規登録すると確認メールが来る仕組みです。ログイン・ログアウト。フォロー。画像と文字の投稿ができます。レスポンシブ対応です。

得られる価値は足を踏み込める自信

はってでも止まらない限りは到達できるならば、足がすくんで動けなくならなければゴールに近づくことができます。最初は誰しも初心者なので、初心者だからできないのではないのです。できる人はできなかった頃のことを忘れてしまうかもしれませんが、必ず同様のプロセスを通ったからできるようになっているわけです。

雲の上に通じている道が今は見えないかもしれませんが、必ずあるわけです。

自分ができるようになったことなど、全体像から見れば小さなことかもしれませんが、当初の私が見れば今の私は超人です。人生、それの繰り返しなんじゃないかな。なんて思います。