みずもん

多動力を肯定するブログ

箕輪編集室の歩き方

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
継続課金型コミュニティ設計・管理

ここ数日でTwitterを中心に
賑やかに語られている箕輪編集室

『多動力』堀江貴文
『たった一人の熱狂』見城徹(幻冬舎社長)などを手がけた
幻冬舎編集者・箕輪厚介のコミュニティである。

73人で構成される(2017/07/03 7:51現在)
日本一の編集部という見立て
オンラインサロンである。
注意:人数が日本一

 

管理人である私(水元英登)にとって
箕輪厚介の数ある名言の中から
もっとも価値を得たものにこんなものがある。

酔って大量のゲラを電車に置き忘れてもいいと思ってる。

大事なのはその理由である。

「発売前に本がタダで読み放題で、読者が一番喜ぶことなんだから

 

一次情報を握る者として、
私が読者を一番喜ばせるには
非公開グループである「箕輪編集室」の中で
一体何が起きているのか

バンバンバラすことである。 

f:id:mizumotohideto:20170703085926j:plain

 

箕輪編集室の構成

こちらの図は仮に即席で作ったもので恥ずかしいのだが
箕輪さん自らあっという間に公開してしまったので
これを使って説明させていただく。

無限増殖する情報とプロジェクト 

主体となる
「箕輪編集室」というFacebookグループに

【案件・お知らせスレ】
【質問・相談スレ】
【雑談・交流スレ】

があって、
箕輪さんが「Go!」と判断したものが
新しいスレとして増殖していく。

注意:スレとは、スレッドのこと。たくさんある投稿群の中の一定の話題のコメントツリーのこと。

 

 “リーダー” と “チーム” の概念

アイデア・提案・成果報告
メンバーによる書き込みが
無限増殖的に増えることが見えたものは

新グループとして独立する。
これを箕輪編集室では “チーム”
と呼ぶ。

 

原則挙手制で “リーダー” を決めて
リーダーは新グループを使って
プロジェクトを実施していく。

現在、箕輪編集室では
たむけんさん(元シナプス社長)をリーダーとした
「電子書籍チーム」がすでに立ち上がっている。

 

箕輪編集室は無限増殖する編集社

箕輪編集室とは、
箕輪厚介という1人の人間ができることの
拡張” であると考えている。

箕輪さんの信用を、みんなで分け合い、
箕輪さんの負担を、みんなで分け合い、
みんなの実績はちゃっかり箕輪編集室に積み重ねていく。 

 

箕輪編集室はメンバーとの相互依存をしながら
無限増殖する編集社である
という見立てで突き進む壮大な “ごっこ” である。

 

 

おわり

 

p.s. 箕輪さんの手がけた書籍