みずもん

多動力を肯定するブログ

MOREモデルも生き方を学ぶ強い言葉の宝庫・漫画キングダム

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
継続課金型コミュニティ設計・管理

MOREモデル・内田理央 

youtu.be

とっても男臭い戦記物マンガ『キングダム』。

なぜか女性誌のMOREモデルに読まれていると
言うのですが...

なんで?そして、なぜ今?
本当にわからない...

 

...というわけでキングダムを紹介します。

 

今なら『キングダム』第1巻Kindle版が無料!(〜7/18)

キングダムのあらすじ

キングダムは
のちの秦の始皇帝の少年時代
春秋戦国時代の古代中国を描いた作品です。

秦の始皇帝は歴史上はじめて
中国大陸を統一した人物です。

 

主人公は下僕の少年

まだ7つの国のひとつだった秦王朝国内の
勢力争いで圧倒的に不利な立場だった
大王の影武者として召し抱えられた下僕の少年

その少年の親友・信(しん)が
キングダムの主人公です。

 

一番気に入っているシーン

大王の影武者として
親友が反大王派に殺されたことの
怒りを爆発させる信に対し

まだ少年である大王が
言い放つ言葉。

お前

いい加減にしろ

戦争をやっているんだ

それもかなり分が悪いな!

 

f:id:mizumotohideto:20170505233350p:plain
『キングダム』 第6話 漂の決意より

すべてのビジネスマン
サラリーマンの胸に刺さる言葉です。

 

主人公が見る人々の生き方

私たちも
みんな一生懸命生きているわけで

ブリジストンの御曹司とか
そういう身分に生まれなかった時点で
必死に積極的に生きる必要があります。

誰にも当てはまる
共感ポイントなんです。

 

三国志マンガ『蒼天航路』との違い

キングダムのことが好きならば
きっと三国志を描いたマンガ
『蒼天航路』にもハマれるはずです。

キングダムの世界から500年近くあとの世界。

中国大陸を統一していた漢王朝も
その巨体を維持する限界に達し
再び騒乱の時代を迎えようとしていた...

 

キングダムが戦いを通して
人の内面の変化に
スポットライトを当てているのに対し

蒼天航路は人間の意図が
いかに世界を変えるのか
その世界の事象を生き生きと描いています。

 

学びの幅が広く現実的な蒼天航路

蒼天航路でたびたび出てくるのが
兵糧問題です。

戦争でもっとも大事なことは
兵隊の数ではなく
兵隊がしっかり食えることです。

その意味で
蒼天航路は現実的で
IQが高い作品だと言えます。

 

キングダムの特徴はとにかく熱

キングダムは
人物に
とことんフォーカスしているので

戦争は武将の才覚によって
勝敗が分かれるという部分に
強烈に情熱を注いでいるのがおもしろいところです。

 

強い言葉をもらって元気になるマンガ

人物に焦点を当てている分
登場人物の生き方を語る
言葉に強い力があります。

 

f:id:mizumotohideto:20170506065349p:plain
『キングダム』 第1話 無名の少年より

人生で迷った時。
頑張ることに疑問を持った時に
手に取りたいマンガです。

 

おわり