みずもん

多動力を肯定するブログ

箕輪編集室をエゴサーチするとおもしろい

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
継続課金型コミュニティ設計・管理

f:id:mizumotohideto:20170625160315j:plain

 

箕輪編集室(CAMPFIRE窓口)ができて
ようやく2ヶ月。

やっと2ヶ月?もう2ヶ月?

 

ユーザー(会員さん)は
どのように箕輪編集室を見ているのか。
Twitterで「箕輪編集室」を検索すると
おもしろいのでまとめてみます。

 

 勝手に宣伝してくれてありがたい

ユーザーに愛されるサービスには
需要と供給の境目が曖昧
という特徴があるものです。

 

最近では、VALU(仮想個人株サービス)に対して
ランキングサイトや優待検索サービスが
勝手に作られているように

これまでの価値観であれば
お金を支払っているお客様の立場が
お金を支払って、
かつサービスのために働く

それが可能な隙があることが
最高の価値だったりします。

 

これ、理解できない40代以上は
今後、未来永劫苦しむことになるでしょうね(笑)。

 

マーケさんの場合

中にいるメンバーでさえ
流れが早くて追いつけないことに目をつけ
箕輪編集室の構造についてまとめてくれています。

 

これからの時代は
個人の持つ才能(個性)が
いかに世に知られているかの勝負の時代です。

「彼はこれができる」
と知られていれば
あらゆる資源が集まってくる情報社会ですから。

 

これまでの
リクルートに入って、人脈を生かして独立
みたいなことが

著名人の主催するオンラインサロンで
できるようになるということです。
(いきなり拡散の恩恵を受けることも)

このような使い方をしている人は
まだ稀ですが
今後ユーザーの上位数パーセントでは
当たり前になるでしょう。

 

「何をやっているのか、イマイチ分からないけど、面白そう」と感じている方も多いのではないでしょうか。そこで、自分が知る範囲で「箕輪編集室」のチーム編成をインフォグラフィックでまとめてみました。

 

 

しょっぺいさんの場合

箕輪編集室の電子書籍チームで
KDP(Kindle ダイレクト パブリッシング) 知識を生かして
大活躍しているメンバーです。

 

1. 上質なインプットができる。
2. 本づくりを体感できる。
3. 良縁とも巡り会えるかも?
4. 心の揺さぶるような企画がある
5. 箕輪さんからプレゼント投稿がある。

箕輪編集室での2ヶ月を
綺麗にまとめてくれています。

 

・人気ブロガーさんが徒歩5分というご近所さんという事で仲良くなり、本の出版を手伝えた事。
・集英社の副室長さんと繋がり、電子書籍制作を主として9月に起業するからと声をかけて頂き、ジョインする事

注目されている団体の中で
実行できる人という
個人の見え方は大変価値があるのです。

 

 

石川遼さんの場合

早速の恩恵に驚いてくれています。

2日前にブログを開設して、早速更新。箕輪さんやLINEの田端さんなどインフルエンサーの方々にリツイートされて、初めての投稿なのに600以上くらいのアクセスがありました。

 

箕輪本の公式Twitterさんたちも拡散してくれてる

『多動力』公式、『人生の勝算』公式、『ちゅうつねカレッジ本』公式、旧ちゅうつねカレッジ公式のみなさんありがとうございます。

 

 

 

 

 

いろんな人が注目しています

もう入っている人も、
入ろうとしている人も、

箕輪編集室の動きが気になって仕方がない様子です。

 

 

 

 

 

まだまだいろいろある

8月も終盤ですが、
もう1つ2つ展開がありそうです。

 

 

入ればわかる箕輪編集室の中身

camp-fire.jp

 

よろしくお願いします。

おわり