みずもん

多動力を肯定するブログ

クラウドファンディングを物乞いだと思っているやつ、ちょっと来い!

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
サロン屋さん

f:id:mizumotohideto:20170531154217j:plain

クラウドファンディングとは
一般の不特定多数(crowd)から
資金調達を行う(funding)ことです。

まだまだ誤解の多い新発想
ではありますが、

クラウドファンディングの本質は
自分の分身に仕事をさせる技術
です。

 

クラファンコミュニティ「COVERING FIRE」
管理人 水元英登

 

2017年5月29日。
すでに3刷8万部突破で発売された
堀江貴文・著『多動力』。

この本のもっとも重要な
エッセンスは
第5章 「自分の分身に働かせる裏技」です。

世の中には二種類の人間がいる。

それは、「原液」を作る者と「原液」を薄める者だ。

引用:堀江貴文・著 『多動力』

これさえ理解できれば
やるべきことはシンプルです。

 

マネされるほどの発信じゃないと意味がない

“原液” を薄めるとは
どういう意味かというと
マネされるということです。

マネされるというのは
TwitterでRTされたり、
Facebookでシェアされたりすることを含みます。

 

一目でわかる簡単さが重要

ひとつの身近な例を示しましょう。

 

堀江さんの次の本が
『多動力』だと聞いた時
「あ〜、これは自分(私)の本だな」
と直感したのです。

「AB型の取説」みたいな本が
あったと記憶していますけど、
そういう感じだと。

 

これは都合がいいと思ったので
Twitterのアカウント名に
「@多動力」とつけました。

だからきっと
世界で唯一の「@多動力」
だったはずです。

 

必ず必要なのは誰でもできる簡単さ

そしたらマネするやつ現れて、
『多動力』発売日までに
ブワーっと広がりました。

たぶん、
最初のフォロワー(セカンドペンギン)は
コイツですwww

f:id:mizumotohideto:20170531083935p:plain

うけるーw

 

わかりやすくてマネできることが最重要

最初のフォロワーに関する考え方はこちらを参考に。

www.ted.com

 

ディスられて
引用されることも
原液を薄めてもらってることなので歓迎。

 

1日24時間という公平にもほどがあるルール

どんなお金持ちでも
どんな知能指数が高くても

時間に関しては
私たちと同じです。
時間だけは、有限な資産なんです。

 

悪いけど、お前と一緒にしないでくれる?

なんて言ってみたところで
これだけは抗えない
現実です。よね?

 

世の中が不公平に感じる答えはこれだった

同じ24時間を生きているのに
とんでもない数の仕事(遊びも含む)を
やっている活動的な人がいます。

うまく行く人は
どんどんうまく行く。
名声もお金も雪だるま式。

それってどういう仕組み?

 

クラウドファンディングの成功例さえもマネはじめた集団

実は堀江さんのオンラインサロン
HIU(堀江貴文イノベーション大学校)では
一時期

爆発的にクラウドファンディングが流行りました。

理由は簡単です。
おもしろいくらいサクセスするからです。
ならばやらなきゃ損。行動経済学です。

 

なんでも全部1人でやらなければならない
というバカ真面目な幻想から放たれて
自分の分身(キャラや印象)を働かせることを覚えたからです。

 

クラウドファンディングって新しい何かの流通

クラウドファンディングって
そのコンセプトが1人の個人を離れて
ひとり歩きすることが成功です。

 

これってオンラインサロンにも似ています。
ホリエモンが死んでも
ホリエモンのオンラインサロンはつぶれません。

 

オンラインサロンの本質

ちょっと難しい話をすると
(これは覚えなくてもいいです)

オンラインサロンの原型は(諸説あり)
岡田斗司夫さんの「FREEex」
つまり、個人の拡張ってことです。

岡田さん本人が
ホリエモンに説明している様子は
こちらです。(当時は呼称「オタキングex」)

 

2010年ですよ。どんだけ先見性~

youtu.be

 

自分の分身、コンセプト、が勝手に働く仕組み

クラウドファンディングって
一発花火のオンラインサロンなんです。
コンセプトがすべてです。

成功事例はたくさん蓄積されています。
私個人は3戦0勝。
ちゃんと失敗するパターンも試しています。

 

クラウドファンディングも1人でやるもんじゃない

やりたいことがあるけれども、
資金面の問題をどうクリアすればいいか
分からない人が

多種多様の失敗・成功例が集まる
コミュニティに参加することで

経験者とコラボしたり、
成功例をマネることができる
ようになるコミュニティです。

 

月額1,000円で入れるので
のぞいてみては?

 

1人で恐る恐る
クラウドファンディングをやってみる
のと比べて

不公平に有利なのはわかりますか?

 

おわり

Kindleで読んでみる?

Kindle端末持ってない方
&新調したい方も、
この機会にどうぞ。

プライム会員 なら4,980円で買えます。

世界一速い書評