みずもん

多動力を肯定するブログ

購買意欲が湧き出すコミュニティーと世界観の練習の話

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
オンラインサロン コーディネート

f:id:mizumotohideto:20170322101836j:plain

消費者の購買意欲が湧き出す
コミュニティーとは?

コミュニティーが強いのは
今も昔も同じですが、
世の中がぐらぐらしている今

コミュニティーの重要性が
見直されています。

 

 

国も1つのコミュニティーですが
地域コミュニティーと同じように
あまり頼りにできませんよね。

自分たちが勤務する企業も
コミュニティーです。
100%信用できますか?

 

Amazon帝国とは何か?

ちょっと極端な話をしますが
世の中のあらゆるものが
Amazonで買えたらどんなに快適でしょうか?

アカウントさえ持っていれば
クレジットカードは管理されていて
欲しいものをポチりさえすれば
早ければ当日の夕方には商品が届きます。

 

Amazonは私たちに何を与えたか 

以前は両手がちぎれるような
米、水、ビール、ティッシュペーパー
のような重いものを持つことはもうなくなりました。

 

もしも、不動産さえAmazonが独占し
Amazonを通して契約すれば
更新料が減額されるとしたら
誰しもAmazonで賃貸を探すようになるでしょう。

 

Amazonは何を得るのか 

Amazonの圧倒的な集客力の前に
あらゆる小売業の人たちが
Amazonを通して商売をしたくなることでしょう。

 

Amazonでものを売りたい場合
大口出品サービスだと
月間登録料4,900円+注文成約時にかかる販売手数料
がかかります。

もしもAmazonしか選択肢がないと考えた場合
これはAmazon帝国に納める税金ですよね。

 

f:id:mizumotohideto:20170504163043p:plain

services.amazon.co.jpより

 

Amazonだけじゃない帝国支配

私も使っているillustratorのAdobeも
月額制になりました。

illustratorを使いたいならば
税金を納めろ!
というわけです。

 

f:id:mizumotohideto:20170504163105p:plain

adobe.comより

 

モノを媒介にしたコミュニティー

下はNewsPicksに投稿された
ホリエモンこと堀江貴文さんによる
コメントです。

コミュニティーについて言及した
かなり鋭い内容となっています。

f:id:mizumotohideto:20170504154317j:plain

ファンの集まるお店はコミュニティーだ

例えば、

漫画『キングダム』だけを売る書店があるとします。

 

お店のオンライン掲示板を設置すると
キングダムの登場人物の話や
春秋戦国時代の歴史の話で盛り上がることでしょう。

Amazonのレビューは信頼できませんが
楽天のショップでは
本当にキングダムについて深い愛のある人が集まっています。

その集合体である楽天の強みは
このコミュニティーだという指摘です。

 

Amazonよりも楽天にある強み

水や洗剤、トイレットペーパーのような
消耗品であればAmazonで十分です。
自動化やスピード化は当然の流れです。

楽天のようなコミュニティーの強みは
好き嫌いの好みの差が細かい
嗜好品でこそ発揮されるのです。

 

好き嫌いは世界観に依存する

この嗜好品に当たる部分が
人になったものが
オンラインサロンと呼ばれるものです。

オンラインサロンの代表的なものは
DMMが運営するDMMラウンジです。

 

f:id:mizumotohideto:20170504163134p:plain

lounge.dmm.comより

 

現時点では
堀江さんが指摘するように
有名人だからできるものですが

近未来には有名人である必要はなくなり
コミュニティー自体も
100人もいなくてもよくなると見ています。

 

世界観に人は憧れる

好きか嫌いかの対象は
世界観です。

無印良品とヴェルサーチとでは
世界観が全然違いますよね。

無印良品のホテルと
ヴェルサーチのホテルだったら
客層はまったく異なることになるでしょう。

f:id:mizumotohideto:20170504164813p:plain

versace.comより

 

Facebookはあなた雑誌

とは言え

有名人でもなく、特殊能力もない
一般の人がいきなり
オンラインサロンと言ってもかなりハードルが高いでしょう。

 

ではまず、
あなたのFacebookで練習してみましょう。

Facebookでどれだけ世界観を演出できるか。

まずはあなたを中心とした
コミュニティーをFacebookの中に作りましょう。

 

おわり