読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずもん

多動力を肯定するブログ

可決したIR法案とは一番わかりやすく要点だけ聞いてね

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
オンラインサロン コーディネート

f:id:mizumotohideto:20161202225839j:plain

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法案は、衆議院内閣委員会で、民進党が抗議する中、採決が行われ、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決されました。

引用:NHKニュース

おめでとうございます!

2016年12月2日昼過ぎ、大きな大きなニュースが入ってきました。もしかすると多くの人は大きなニュースだということに気づいていないかも知れませんね。IRは私たち日本人にとって最後の希望です。フィリピンのIRを実際に見てきた私が要点をまとめます。

※15日未明、衆院本会議で成立

 

<もくじ>

 

カジノが日本にとっての最後の希望

オリンピックのあとに日本には何も残らない

アフターオリンピック

この言葉が2020年の流行語大賞に間違いなくなることが予想されるわけですが、その最後の希望「東京オリンピック」さえ間に合わないなんて話が出てきました。

築地 - 豊洲移転問題さえ先が見えない大人の事情ですから、日本もどこまでも救えない状況になっていきますね・・・。

 

堀江貴文イノベーション大学校で行われる、サロンメンバーだけが参加できる定例会での堀江貴文さんと鈴木寛さんさんの対談で飛び出した「オリンピックはね、もう間に合わないですよ。」発言とは?

weblog.horiemon.com

 

2014年に廃案になったIR法案が動き出した

そんな中、忘れかけていたラストチャンス!

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法案(通称:カジノ法案)が衆議院内閣委員会でいよいよ可決されました~!!

これで私たち日本人は九死に一生を得るかもしれませんね。

 

来週6日に開かれる衆議院本会議で法案を可決。

今月14日までの延長国会で法案の成立の見通しです。

 

IR法案の先、日本がどう変わるのかを知りたい人は別の記事を用意しました。

www.uniuni.tokyo

 

IRとは、お金を生み出す玉手箱である

カジノを含む統合リゾートは、英語ではIntegrated Resorts(IR)と表記されます。IRはカジノのみならず、ホテル、劇場、パーク、ミュージアム、MICE施設などを一つの区域に含む統合施設です。

*1

引用:

toyokeizai.net

つまり、IRとはカジノを含む膨大なリゾート施設ですが、カラクリはそれだけではありませんよ。

面積にして5%程度のカジノ部分が、IR全体の売上高の80%以上を売り上げます。

だから、ホテルなんかは別にタダでもいいわけです。IR法案でも、カジノ法案でも、言葉が違うだけで本質は同じです。

http://www.hetzeldesign.com/projects/hospitality/slider/osaka-01-normal.jpg
引用:Hetzel Design

 

とにかく、私たちのこれまでの常識を覆す、私たちの想像を絶する世界が急に現れると想像してください。

東京の空に東京スカイツリーができた時に似た、それを何倍ものインパクトにした衝撃です。

 

2014年のIRに関する動画。“シンガポールでは2つできて直接雇用2万人”

www.youtube.com

 

世界のIR事情をまとめます

実はカジノ法案が2014年11月に廃案になる直前まで「決まりそう」な雰囲気はあったのを覚えていますか。

議員筋の人からも「やるよ」と聞いていました。

 

www.bloomberg.co.jp

 

世界一のカジノ大国はマカオ

その時(2014年11月)にまとめた資料によりますと(水元調べ)

世界No.1のお金が動いているカジノ大国はマカオで、4兆5,200億円。

 

マカオのGDPは約5兆円ですが、GDPの約70%がカジノ収益です。

そして、国民の約60%がカジノ従業員です。

(2014年調べ)

 

それ以降は

No.2 ラスベガス 6,500億円

No.3 シンガポール 6,100億円

No.4 韓国 2,700億円

No.5 フィリピン 2,200億円

 

あれからもう2年ですから、順位は入れ替わりがあるかもしれませんね。

店舗数ではマカオの35店舗をすでに超える55店舗だったフィリピンが当時伸びていました。

総投資額4,200億円となるフィリピンのIRの話も入って来ています。

 

casino-ir-japan.com

 

発展著しいフィリピンのカジノホテルが豪華

フィリピン視察に行った時の動画を参考に貼っておきます。(2014年)

www.youtube.com

 

f:id:mizumotohideto:20161202223621j:plain
VIPエリアへの階段。VIPカードがないとこの上は見ることすらできない。

f:id:mizumotohideto:20161202223637j:plain
VIPエリア。ゴミゴミした下の階とは空気が一変。静まり返っています。

f:id:mizumotohideto:20161202223659j:plain
正直、こんなに広い部屋に泊まったのはこの時が最後。いまのところ

 

IRができたら日本はどうなるのか

誤解をしている人が多いのですが、カジノは外国人向けにギャンブルが行われます。

アラブの王族や中国の富裕層がターゲットです。

正直、すでに出遅れた感はありますが、まあ、ないよりマシです。

 

説明したように、IRはカジノだけではないのでたくさんの雇用を生み出します。

若者に職が行き渡れば、家庭を持ち消費が増えることもあるでしょう。

 

日本で最初のカジノは横浜か大阪か もしくは両方と予想されます 

横浜市は積極的です。

www.sankei.com

 

IR法案とは まとめ 

今、日本が抱えている問題の多くはお金があればいい方向に改善されるものばかりです。

お金がすべてではありませんが、まずお金がないと改善に着手できないですもん。

 

年金問題1つをとってみても、日本の自力での解決はあり得ません。

カジノは日本の生き残る最後の頼みの綱です。

 

IR法案について、もう一歩踏み込んだ記事はこちらです。

www.uniuni.tokyo

 

一部の人が心配しているカジノのギャンブルとしての一面については、このような記事を書いています。

www.uniuni.tokyo

 

日本にカジノができるとどうなるのか。わかりやすく3つの要点にまとめました。

www.uniuni.tokyo

 

おわり 

 

 

P.S. 最後まで読んでくれてありがとうございます。

カジノは本当に待ちに待ったって感じです。

 

お願いだから次元の違う否定意見とか、揚げ足とりとかで現状維持の方向に向かわないでくださいね。

今のまま現状維持したら、終わりの始まりですから。

f:id:mizumotohideto:20160427075221j:plainコメントつきでシェアしていただけると大変励みになります。

↓↓↓

 

実際の法案に目を通したい人はどうぞ。

●特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案

*1:このMICEとは企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会、イベント(Exhibition/Event)の頭文字をとったものです。