みずもん

多動力を肯定するブログ

能書きはいいから眠気覚ましの方法を出すぞ

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
継続課金型コミュニティ設計・管理

f:id:mizumotohideto:20161119105431j:plain

おはようございます!水元英登(みずもと ひでと)です。

私にはたった1つの弱点があります。それはいつどんな時でも「眠い」ことです。

この眠気さえやっつけることができればより充実した毎日を過ごせるはずなので、徹底的に対策を考えます。

 

眠気が襲ってきたら息を止めろ

眠気の原因とかメカニズムとか、ぶっちゃけどうでもいいです

予防法とかも、できてたら苦労していないです。

今まさに、この命を狙ってそこまで来ている眠気に対する対策をください!そんな人へこの記事を届けたいと思います。

 

眠くてこの記事に来た人は、これ以上文字を読んでいたら寝てしまうでしょう?

 

わかったら、いいから息を限界まで止めろ

 

これをやると、体は窒息の危機が迫っていると感じ、眠気を忘れて酸素を得ようとします。

引用:【一瞬で目が覚める!】運転中や仕事中の強烈な眠気を覚ます方法 | TEQLAB[テクラボ]


眠気が帰ってくる前に外の空気を吸いに散歩に飛び出せ

一旦眠気を退けて、ちょっとは話を聞く余裕を持てたでしょうか。

私は経験上、どんな眠気対策も「気休め」にしかならないことを知っています。

第二第三の波が来る前に先手を打ちます。

 

新鮮な空気と温度変化、そしてリズミカルな運動が眠気には大変有効です。

交感神経がどうのこうのという理屈は別に知らなくて大丈夫です。

 

今すぐ外に出ていけるのかを、次の眠気が襲ってくる前に冷静に判断してください。

外に出ていくことができない理由が見つからなかったら、すぐに席を立ってください。考え込んだら負けです。

眠気に時間を与えないでください。

 

眠気には決して勝てないことを承知で決してあきらめない

対策は以上です。

私の経験上、ツボを押したり、コーヒーを飲む程度ではまったく効果がありません。

最終的には眠気がなくなるということはありません。

 

ですが、明けない夜はありません。

 

また夜になれば眠ればいいだけのことです。

ですから、眠気というものは完全に打ち倒すことができないことを承知の上で、決してあきらめない気持ちが大事です。

息を止め、散歩をして今を乗り切るのです。

 

眠気とは下で表現されているように、眠るしか解決策はないのです。

ただ、今は眠れない。ただそれだけです。

 

withnews.jp

 

眠気は人生を無駄にする

眠気と戦う時間は、あなたの人生の中の累計でどれだけの時間になるでしょうか。

この時間は何も生み出さない。ただ、マイナスをゼロにする防衛戦です。

こんな無駄なことはありません。

 

眠気は好もうが好むまいが襲ってくるものであるという前提で、常に先手先手で対処すべきです。

定期的に散歩の時間を作るなどがその対策です。

 

眠気の根本解決を目指すための予防法は、検索さえすればいくらでも出てきます

ですが、どれも生き方を変えるレベルの大改革です。

それができていれば苦労はないわけです。

 

このような改革は余裕のある時に、まとめてやるとして、今は早め早めの対処で眠気を封じ込めましょう。

 

何だか、人生について語っているみたいですな。

自分の眠気に対する態度を見ることで、 “自分” という人間の本質が見えてくる。

自分と向き合う機会となれば幸いである。って感じです。

 

おわり

 

 

P.S. 最後まで読んでくれてありがとうございます。

f:id:mizumotohideto:20160427075221j:plainTwitterのフォローよろしくお願いします。

↓↓↓