読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずもん

キャラ戦闘力を高めるブログ

私がクーポンを使っているのを勝手に観察され気持ち悪がられていたら

この記事を書いた人:
水元英登(みずもと ひでと)
f:id:mizumotohideto:20170228121143j:plain
キャラDJ / 構成作家

f:id:mizumotohideto:20161020123851j:plain

30代男性がマクドナルドでクーポン使ってるの見てドン引きどころか吐き気を催してしまった。生理的に気持ち悪い。

Facebookのニュースフィードはこういう自分の守備範囲外の話がポンと入ってくるから面白い。30代を前面に押し出してる私としては衝撃的なご意見でしたね。

日常の中に面白いネタは突然湧いてくる

ニュースフィードに流れてきたのはこのツイートのシェアでした。

 

直感的に私が持った感想は、以下の3つです。

 

1. 他人(30代男性)をコントロールすることはできない

2. すべては自分(観察者)の解釈次第である

3. マクドナルドなんかにいる自分(観察者)が悪い

 

だから、他人の行動に介入もできないし、それに対してどんな感想を持つのも自由です。

30代のみんな、気にするな。

 

クーポンは誰が使っても誰も困らない

クーポンってものは、お客さんがお店に縛られるものです。

ポイントカードも似たようなもので、元祖ポイントカードはヨドバシカメラのゴールドポイントカードであると謳われていますが30代の私はその誕生に立ち会っている世代です。

 

お客さんはポイントカードを持っているために自由を奪われ、そのお店に足を運ぶことになります。えさだとわかっていて食いつくようなものです。

 

だからお互い様。痛み分けです。

 

特にマクドナルドなんて原価がすごく小さいので、商品自体は一部を廃棄しても痛くも痒くもなく、お客さんに来てもらうことにお金をかけてもいいんです。MLM(マルチ・レベル・マーケティング)にすればいいのに。

MLMとは、例えるならば、上位信者が下位信者に夢を見せて勧誘し少数の上位信者が多数の下位信者から金銭を回収して憧れの存在を演出する団体やその仕組みのことです。下位信者もえさだとわかっていて食いつくところが似ています。

 

http://viral-community.com/wp-content/uploads/2014/05/multilevel-marketing.jpg

http://viral-community.com/wp-content/uploads/2014/05/multilevel-marketing.jpg

 

当たり前すぎて口に出さないだけでみんな思ってるでしょ?

もう一度ツイートを見てみましょう。

 

この発言をした人が大の大人なのか、思春期なのか、10歳未満の子どもなのか、知りようもないので、誰がどの立場から発言したのかについては触れずに純粋に私がどう思ったのかを書きたいと思います。

 

私自身はこの発言に驚きもせず、と言うかむしろ20代の時は同じ様なことを思っていました。そして、今思えば自分のことをバカだなともわかるようになっています。

私が思っていたのは、中年にもなって新卒や学生と同じ土俵(電車)の通勤通学スペースを取るなよ!ってものでした。

Facebookにも平気でそんなことを書いていました。バカでしょ?

 

どんな人も子どものままの一面を持っているものです

子どもって残酷なんですよね。

オタマジャクシを丘にあげたり、トンボの羽をとってしまったり。

想像力の欠如と言う以前に考えるプロセス自体を取らないんです。自分が安全地帯にいるものに関しては。

 

そして、人間なんていつまで経っても本質的に変化していないんです。グラデーションみたいな微妙な程度の違いがあるだけで。

小学校からダメだと言われていても、廊下は走るし、まずいものは残すし、仲間はずれはするし。

自分と同じように相手もそんなもんです。

 

だから、該当する30代男性以外からは、このような目で見られることは十分にあり得ることだし、そんなこと織り込み済みだし「だからどうした?」程度のものです。

他人のどんな発言も、あなたに向けたものではありません。あなたよりもあなたの事情に詳しい人なんていないのですからね。

世の中の不快なことの原因は、情報が足りてない誤解からほぼ生まれるから気にしないことです。

 

p.s.

世界は利害関係のバランスでできています。世界は自分にとって都合のいいことと自分にとって都合の悪いことに分けることができます。

 

自分の属性と違うものには特に気に障ります。

例えば、自分がマイルドヤンキーじゃなければ、マイルドヤンキーには、もっと周囲に配慮しろよ!と思います。

でも、マイルドヤンキーの特性を勉強して理解して、マイルドヤンキーをお客さんにすることで飯を食っている人もいるわけです。

 

ただ嫌うのと、飯の種にするのと、それによってマイルドヤンキーが自分にとって都合がいい存在なのか都合の悪い存在なのかが180° 違います。

そして、これはあなた次第です。

 

おかげさまでの心を持ちましょう。

ギャップには価値が生まれ、お金になります。

人それそれ違いがあるから存在価値がある言っても過言ではないでしょう。