みずもん

多動力を肯定するブログ

乾けない世代の取り扱い説明書

f:id:mizumotohideto:20170929074357j:plain

急に現れてTwitterをざわつかせている
モチベーション革命(モチ革)』を
3行で言いますと、

 

私より上の世代は、何か大きな目標を達成するためだけに一心不乱に頑張ることができるんです。

私より下の世代は、金銭や物理的な報酬とは関係なく〝自分の好き〟を追求するんですよね。

人間を動かすガソリンの形が革命的に変わってきているんです。

続きを読む

異なる「強み」を掛け算する最強チームの作り方

f:id:mizumotohideto:20170927224136j:plain

負け戦を続けることを選んだ同級生へ。
それでも「いいから売れ」と言われる?
大将はもう逃げ切り体勢に入っているのに。

 

昨今の米国で「VUCA」と呼ばれている
激しい時代の変化は
米国軍事大学が提唱し始めた造語。

・Volatility(変動が大きく)
・Uncertainty(不確実で)
・Complexity(複雑に絡み合い)
・Ambiguity(曖昧)

 

大前提として企業には「寿命」がある

“何もなかった時代” に
空白を埋めることが正解だと
明らかだったものが

今は何が正解で
誰が敵で、誰がターゲットなのかも
わからない時代。

 

わからないと言うのは
昨日と今日で違うと言うことです。

変化が速すぎて
上司に確認しているだけで
すでに競争に負けていると言う状況です。

これまでの「ただ売れ」が
唯一の正解だった時代の住人は
ただひたすらに一丸になればよかった。

 

でも、今は違う。
これが “最強チーム” を作らなくてはならない理由です。

 

やる気は「やりたいこと」にだけ力を発揮する

『モチベーション革命』の著者
尾原和啓さんは阪神淡路大震災のボランティアで
大事なことに気がつきました。

「人それぞれにやる気はあっても、“やりたい作業” は同じじゃない」

 

代表的なグローバル企業であるGoogleでも
いかに無邪気に世界を変えようとしているか
という採用基準があるそうです。

①全員がやりたいこと
②世の中のためにやるべきこと
③個人がやりたいこと

この3つを把握することが
スタートラインです。

 

価値とは「差異×理解」

日本は島国で
よく言われるのは
人と異なることを嫌う国民性です。

「恥ずかしいからやめなさい」

というのが上の世代の価値観です。

 

違いというものは
理解された途端に価値に変わるものです。
ギャップにしか価値は生まれないからです。

AとBがまったく同じだったら、
Bはいらないのですから。

 

好き嫌い、できるできない
という差をさらけ出すことで
凹凸がぴったりマッチするチームが生まれます。

 

リーダーの強烈な「Why」の明示が必要

「Why(なぜやるのか)」
に対する答えは非常に重要です。

メンバー全員の「Why」を満たすことは
不可能なので、
「Why」に応えられるかどうかを
あらかじめ明示しておく必要があります。

 

これによってメンバーは
入るべきかを選択できますし、
入った後も迷子になることはありません。

 

リーダーの立てた旗に向かって
「私はこれができる」「僕はこれができる」
とそれぞれが全力を発揮することができる最強のチームが出来上がります。

というわけで、箕輪編集室は最強です。

f:id:mizumotohideto:20170927232614j:plain

以上、証明終了。(画像撮影協力:箕輪編集室メンバー大竹大也

- 今日の本 -

おまけ ワーク

1. 偏愛マップを見せ合おう

ノートにひたすら自分の好きなものやことを書き出します。それをチーム内で交換し合い、質問し合い、説明し合います。

2. 自分のトリセツを書こう

トリセツに書く内容は

1. この会社に入ろうと思った動機につながる、最も古い記憶について
2. 自分が120%頑張っちゃうこと、ときは?
3. 「これだけはダメ、嫌」自分の取り扱い注意ポイントについて

これも交換し合って、質問し合って、説明し合います。

 

おわり

 

p.s.

Twitterで遊んでたらあんじゅ先生とイベントやろうという流れになりました。
あんじゅ先生は【天才美少女】です。

怪しいというのは
これまでの概念と異なるこということですからね。

理解されれば突然、価値を持つというわけです。

 

あんじゅ先生は4コマ漫画という
他の人がマネしようとすると
作画の勉強から何ヶ月かかるかわからないものを

勝手に
ササっと仕上げてしまう「差」により
著者本人からも注目されています。

 

今、使っていいあんじゅ先生の素材待ちです。

お楽しみに!

自分を見失った人生で終わらせないヒント

f:id:mizumotohideto:20170907115529j:plain

9月6日。東京・新宿。
22万部の大ヒット『多動力』の担当編集者
箕輪厚介さんのトークショー。

製作秘話から話はミライの働き方へ。

 

続きを読む

高知に住むイケハヤさんの生トークン勉強会をみなさまにお届けしたい

だからさ、トークンってなんなのよ!

マジで何にもわからなくて引いてたので
サロンメンバーのイケハヤさん(箕輪編集室)が

「高知で勉強会でもやりますか〜」

と発言してくれた時、「これだ~!!」と思ったのです。

続きを読む

箕輪編集室をエゴサーチするとおもしろい

f:id:mizumotohideto:20170625160315j:plain

 

箕輪編集室(CAMPFIRE窓口)ができて
ようやく2ヶ月。

やっと2ヶ月?もう2ヶ月?

 

ユーザー(会員さん)は
どのように箕輪編集室を見ているのか。
Twitterで「箕輪編集室」を検索すると
おもしろいのでまとめてみます。

続きを読む

昨日ビットコインを全部売ってしまったことは運が良かったのか?

今、ビットコイン(以降BTC)が
すごい勢いで伸びています。
7月頭には1BTC=210,000円強だったものが
昨日(8月13日)には470,000円弱まで来ています。

BTCで流通するVALUというサービスも
私の身の回りでは
BTCに触れるきっかけとなっているように観察しています。

サクッとシンプルにVALUのはじめ方 - みずもん

f:id:mizumotohideto:20170814081255p:plain

続きを読む

今負けそうでギリギリで戦っているすべての永遠の十五の君へ

8月10日。いきものがかり水野良樹さんの講演を聞きました。

管理人として関わらせていただいている
「人生に意味のある学校」というコンセプトの
QREATOR SCHOOL
の授業でした。

f:id:mizumotohideto:20170812175258j:plain

続きを読む

未来の出版社はすごい!箕輪編集室の存在価値

f:id:mizumotohideto:20170804231012j:plain

8月4日。『人生の勝算』
著者・前田裕二社長(SHOWROOM)
本人を取り囲んだプロモーション会議。

箕輪編集室が高いレベルをめざすなら
レベルの高い人に触れる頻度を上げて
当たり前の基準値を上げていくに限ります。

 

今日も箕輪編集室・管理人より
一次情報をお届けします。

続きを読む